ガヴォット第6番ハ短調 記憶の音色

ハロヲタのための24のガヴォット第6番ハ短調

記憶の迷宮 2009年(平成21年)

今年は平成31年で平成最後の年(それも4月まで)

ということで平成を振り返る企画 って多いんですが

平成も1桁になると現在の若い人は生まれてないわけで

現役のハロプロメンバー

オーディションを受けたり研修生になったりしたのが

平成20年代になった頃からじゃないでしょうか

そういえば昔 昭和1桁 という言葉があって

化石のような人たち って感じでしたからね

それに こちらの記憶も怪しくなってくる(w)

 

というわけで 平成21年にあたる2009年あたりから

 

ブログタイトルにもなっている 記憶の音色

その由来になっている

記憶の迷路 という曲は2008年に

Hi-King の曲として発表されたんですが

このユニット

高橋愛 田中れいな 清水佐紀 矢島舞美

といった 娘。 ベリ  ℃ のエース級に混じって

当時まだハロプロエッグだった

ゆうかりん前田憂佳)が加わっていました

 

そして2009年になると

ゆうかりんを含めたハロプロエッグの精鋭4人

小川紗季 前田憂佳 和田彩花 福田花音

によって スマイレージ が結成されたわけです。

 

f:id:yuko006:20190325125744j:plain

 

4月4日に横浜BLITZ で行われた  新人公演 で

4人のハロプロエッグ卒業が発表され

ゆうかりん はソロで トロピカ~ル恋して~る を歌いました

終演後のオフでは

アミュレットダイヤオーディションで加入した

9期生の ななみん(田辺奈菜美)が大人気でした

このあとオーストラリアから毎回かけつける

ななみんヲタもいましたね

 

ゆうかりんとの初握手は5月4日
大阪厚生年金会館でベリコンがあったんですが
ライブには参戦せず 

1回目と3回目の握手会に参加しました

 

8月16日にはハロコンの後に

ゆうかりんを褒め称える会 というのが

あややの歌で有名?な下北沢  にある 

痛風亭  という店で行われました

 

この年スマイレージ

インディーズデビューしたものの

メジャーデビューはなかなかできなかったんです

 

9月21日は 

大阪シアターBRAVA で I列センター
この時は たしかタッチ会がありました

翌日の 9月22日は 

Zepp Nagoya で  2列目下手 でした

 

あとこの年の3月に

エルダーメンバーが一斉にハロプロを去りました

初代ハロプロリーダー中澤裕子 にかわって

モーニング娘。6代目リーダー 高橋愛 が

2代目ハロプロリーダーとなりました。

 

2月には ℃-uteの2回目のバスツアーに参戦

℃-uteはこの年に有原と梅田が去り5人になりました

 

Berryz工房は 春に そのすべての愛に 

八王子の初日に参戦したほか

愛知県勤労会館の最前下手で参戦しました

 

この年のハロコンは 革命元年 ってついてたんですが

そんなに大きな動きはなく

エルダーメンバーのリストラだけが目立ちました

 

娘。 ベリ ℃ ともメンバーの加入はなく

オーディションも行われず

カバー企画やタイアップ企画の多い年でした。